Borderless

外注化を駆使して自分の時間を確保するための3ステップ

外注化を駆使して自分の時間を確保するための3ステップ

ビジネスを始めるにあたって、ほとんどの人が自分1人からスタートすると思います。しかし、規模が大きくなってきたら人を雇うことは必須になってきます。

この「人を雇うかどうか」の選択には、非常に曖昧なラインが存在します。「人を雇うほどではないけど、自分一人では結構辛い…」という微妙な時期が、誰にでも訪れるはずです。

そんな時に大活躍するのが「外注化」です。アウトソーシングとも言います。あなたがやっている作業内容には、「自分じゃなくても出来る仕事」が必ず存在します。ネットビジネスであれば「サイト作成」「記事作成」「データ入力」などが挙げられますね。

自分じゃない誰かでも出来る仕事を外注化することによって、あなたにしかできない仕事に全力を注ぐことができるので、結果的にビジネスが成長するスピードはグンと上がります。

また、外注化は非常にコストが安く、育てれば強力な人材となります。外注化する際は基本的に「SOHO」と呼ばれる在宅ワーク中心の方々です。専業主婦で在宅で働きたいという方や、仕事の合間を使って副業感覚でされる方が多いですが、中には卓越したスキルを持っている人もいます。

人を雇うほどのお金はなくても、外注化なら格安で作業を分散させることができます。個人事業者にとって、もはや外注化が必ず押さえておくべきノウハウとも言えるでしょう。

そこで、この記事では外注化を行うための具体的3ステップと、最強の外注へと育てるための注意点などをお伝えします。

[スポンサー]年間5億円を稼ぐあの男が遂に登場!

アフィリエイトの新常識「マジョリエイト」を確立させたあの男が、さらなる新手法を持ち込んで業界に再登場!

集団の中で最も多いとされる「その商品が必要だけど、買う気が無い」という層に対してアフィリエイトするという画期的な手法が、さらに究極進化!

マジョリエイト実践者の中には「月商2億円」を稼ぐ猛者も現れたらしいので、必見の情報となっています。期間限定なので、消える前にゲットしておきましょう!

■無料:最新のマジョリエイトノウハウを習得する

1.SOHOサイトに登録する

まずは、仕事をしてくれるSOHOの方を探さなくてはなりません。アウトソーシングスタイルも一般的となり、依頼人とSOHOとを結ぶマッチングサイトも多数あります。

全てのSOHO掲示板を探し出すのは大変なので、まずは以下の2つに「仕事を依頼する人」として登録しましょう。もちろん無料です。

ランサーズ

ランサーズ

日本最大級のクラウドソーシングです。

運営の安定感が抜群で、利用している人は非常に多いです。

使いやすく登録しているSOHOさんも凄腕の人が多いので、最初はランサーズに登録しておけば間違いありません。

@SOHO

@SOHO

長い歴史を持つ安定のマッチングサイトです。

会員数が24万人と非常に多く、依頼できる仕事も多種に渡ります。

ランサーズと合わせて、こちらも登録しておけば安心でしょう。

2.募集をかけてみる

登録をしたら、早速募集をかけてみましょう。

まずはあなたが依頼したい仕事内容を明確にしておきましょう。同時に、それに掛けられるコスト、納期、クオリティなども具体的に考えておくと良いでしょう。

そして実際に募集をします。あなたの募集内容を見て、SOHOさんが参加するかどうかを決定するわけです。できるだけ不安な気持ちを与えないよう、明確にしておくと良いでしょう。

具体的には、以下の項目を入れるようにしてください。

仕事内容

まずは依頼の内容です。できるだけ専門用語などは使わず、わかりやすく伝えることを意識しましょう。

サイト作成や記事作成を依頼する場合、「こんな感じにしてほしい」というサンプルサイトなどがあれば、それもURLを貼っておくと良いと思います。

納期

納期も非常に重要です。SOHOさんは同時に複数の案件を進行していることが多いので、自分のスケジュールと照らし合わせて仕事を達成できるかどうかを判断します。

依頼日から○週間以内、など明確な日数を書いておきましょう。

報酬

報酬もハッキリと明記しておきましょう。「1件/100円」「月/100,000円」という感じです。金額を曖昧にしてしまうと、後々トラブルに発展することもあり、お互いにとってデメリットでしかありません。

また、自分が依頼したい仕事の報酬相場を知りたいときは、まずはSOHOとしても登録してみて、似たような仕事を依頼している人たちを参考にしましょう。

連絡手段

こちらは明記しない人が多いですが、意外とSOHOさんが気にしている部分でもあります。連絡手段はメールなのか、電話なのか、チャットワークなのか、LINEなのか…ここも明記しておきましょう。

必要な資格やスキル

仕事内容によっては、何か特別なスキルや資格が必要な場合もありますね。そういった時は必ず募集時点で明記しておきましょう。

実績

SOHOは登録さえすれば誰にもでなれます。中にはプロ級のスキルを持っている人もいますが、当然ながら素人同然の方もいらっしゃいます。

自分が依頼する仕事内容に合わせた、過去の実績等の開示も明記しておきましょう。

長期続けた場合の優遇について

後に記述しますが、SOHOさんは長く続けてもらうことが非常に難しいです。募集自体は非常に簡単ですが、継続してもらうためには様々な工夫が必要です。

これもその工夫の一つ。「○○ヶ月以上継続していただいたら、報酬を○○円UPします」「成果に応じてボーナス」というように、長期続けていただいた場合の優遇が可能であれば、こちらも明記しておきましょう。

募集している人の人柄

この場合の人柄とは、あなたのことです。ネット上でのやり取りがメインとは言え、変な人とは組みたくないのは当然のことです。

あなたの簡単な経歴や自己紹介、趣味なんかを掲載しても良いと思います。「この人と仕事がしたい」と思ってもらえるような要素はどんどん出していきましょう。

マニュアル等の有無

この仕事をするにあたって、作業の進め方マニュアル等があるかないか、ということです。

慣れているSOHOさんなら問題ないかもしれませんが、どんな仕事でも最初は不安です。作業マニュアルを作っておいてあげると安心してもらえるでしょう。

テキストでも良いですし、今なら動画での解説でもいいと思います。とにかくわかりやすくしておきましょう。マニュアルが無いときも、「作業内容は都度指示し、サポートする」と言った旨を書いておきましょう。

【工夫】審査を導入してみよう

これまでは「募集してもらえるように」という話でしたが、ここでは「募集を減らす」ということについてお話します。

どういうことかと言うと、先ほども書いた通りSOHOには様々な方がいます。真面目にプロフェッショナルとして取り組んでいる人もいれば、副業感覚のイージーなノリでやっている人もいます。

いい加減な意識の人を採用してしまうと、すぐに連絡が取れなくなったり、不真面目な作業をされたりして後々大変です。

そうならないように、募集の段階である程度「ふるい」にかけて、プロとしての意識が高い人のみを採用するための工夫をお伝えします。

サイト作成なら過去の制作サイト、記事作成なら「○○について記事を書いてください」

まずは、しっかりと実力を見るために審査を導入しましょう。サイトの作成であれば過去に作成したサイトを実際に見せてもらったり、記事作成であれば「○○について400字程度の記事を提出してください」というようにして、審査を入れておくと良いかと思います。

もちろんこれは実力を見るという目的もありますが、それ以上に「意識の低い人に募集をさせない」という意図があります。

審査なんて面倒なこと、適当にやっている人はやりたがりません。しかしプロとしてやっている人は、審査があることは当然と感じるでしょう。

まずは審査を設けることで、適当に募集してくる人を減らしましょう。

使える作業時間も聞いておこう

この作業にあてられる時間も聞いておきましょう。「1日あたり○時間」という聞き方でいいと思います。

あまりにも使える時間が少ない人は、納期までに仕事を終わらせられない可能性もあります。できれば時間にゆとりのある方を選びましょう。

3.採用する人を決めたら、密に連絡を取る

募集を掛ければ、数人、時には数十人から募集がきます。あなたは審査内容や使える時間、過去の実績などを見ながら、正式に採用する1人を決定したとします。

難しいのはここから。採用した人に、長く仕事をしてもらうことが一番大変です。外注が飛んでしまえば、また募集からやり直し。せっかく色々と教えて育ってきたのに、また最初から…という事態になります。

そうならないために、1人の外注さんに長く続けてもらい、育ってもらうための工夫をお伝えします。

頻繁に電話で連絡

メールではなく、できれば電話で連絡を取るようにしましょう。月に1回程度でも良いので、定期的に連絡することが大事です。

作業の進捗状況などを聞くという理由もありますが、最も大事なのはコミュニケーションをとることです。ネット上で知り合い、お互い会うことも難しいような状況では、電話を頻繁にして、接触頻度を上げることが信頼してもらうための一番の近道です。

電話をすることに抵抗がある人も多いのですが、あなたが採用したSOHOさんです。不安なく作業に集中できるよう、責任を持ってサポートしてあげましょう。

仕事内容ではなく、人として信頼してもらうこと

仕事の内容は、あくまでも入口です。外注さんに長く続けてもらうためには、「人として信頼してもらうこと」これ以外にありません。

あなたが誠実に対応し、きめ細かくサポートをしてあげれば、依頼内容以前に人として信頼してくれるようになります。そうなれば、依頼外のことも頼みやすくなるし、ずっとあなたを支えてくれる力強いパートナーになってくれるかもしれません。

報酬を上げたり、わかりやすく仕事を振ってあげることも非常に大事ですが、それ以上に結局は人と人なんだ、ということを念頭に置いておきましょう。

まとめ

外注化をマスターすることによって、あなたが使える時間は劇的に増え、ビジネスも成長させていくことができます。

ただのビジネスの関係と割り切るのではなく、生涯のビジネスパートナーを見つけるくらいの気持ちでSOHOさんと接しましょう。

ネット上だろうと、結局は人と人。お互い気持ちよく、信頼できる相手を見つけられるよう心掛けたいですね。

PPCアフィリエイト教材を無料プレゼント!

無料プレゼントバナー_mini
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

Return Top