Borderless

【打つべし!】ネットビジネス初心者が最短で成功するために重要なスキル

【打つべし!】ネットビジネス初心者が最短で成功するために重要なスキル

ネットビジネスには様々な種類があり、参入したばかりの初心者は、何から学べば良いのか迷ってしまいがちです。

ノウハウから学ぶのか?マーケティングから学ぶのか?WEB技術から学ぶのか?最初にどんなことを学ぶかによって、その後に起こす行動が全て変わってきます。だからこそ、最初に習得しておくべき技術は、今後のことを意識して選ばなければなりません。

そこでこの記事では、ネットビジネス初心者が最短で成功し、尚且つ今後どんな展開をしようとも役に立つであろう重要なスキルについてお伝えしていきます。右も左も分からない初心者の方は、とりあえずこのスキルさえ習得しておけば大丈夫です。

[スポンサー]年間5億円を稼ぐあの男が遂に登場!

アフィリエイトの新常識「マジョリエイト」を確立させたあの男が、さらなる新手法を持ち込んで業界に再登場!

集団の中で最も多いとされる「その商品が必要だけど、買う気が無い」という層に対してアフィリエイトするという画期的な手法が、さらに究極進化!

マジョリエイト実践者の中には「月商2億円」を稼ぐ猛者も現れたらしいので、必見の情報となっています。期間限定なので、消える前にゲットしておきましょう!

■無料:最新のマジョリエイトノウハウを習得する

最初は書くことが仕事。徹底的に打つべし!

ネットビジネスの種類は数多くありますが、それら全てに共通して言えることは、
「打つことがメインの仕事」ということです。

なぜかネットビジネスは簡単に出来るというイメージがあるようなので、ちょっとマウスをカチカチっとクリックすれば完了、みたいに思っている人もいるかもしれませんが、決してそんなことはありません。

ブログ・メルマガ・SNS・PPC…どんな分野のネットビジネスでも、「文字を打つ」という作業は必ず発生します。

改めて僕が今やっていることを考えてみましたが、コピーを書いたりブログを書いたりメルマガを書いたり…とにかくキーボードを打ちまくっています。まさに文字を打つことが仕事のようになっていますね。

なので参入したての初心者の頃は、とにかく打つことに慣れていることが重要です。文字を打ちまくることへの抵抗を無くし、さらに後述するスキルを習得することによって、ネットでお金を稼ぐことは難しいことではなくなります。

では具体的に、文字を打つというスキルはどういうことなのか?を説明します。初心者が習得必須なものを2つ紹介。

必須スキル1:タイピングスキル

キーボードで文字を打つ、つまり「タイピング」です。パソコンを使って仕事をするわけですから、タイピングができないと話になりません。野球しようにもバッドがないと始まらないということです。

たまに「私はパソコン初心者なんだ!タイピングなんてできない!」と、謎理論で逆ギレをされる方がいますが、当然ながら誰でも最初はできません。練習をしたり経験を重ねたりしていく上で、徐々にタイピングスキルを身に付けていきます。つまり、まずは練習あるのみです。

人差し指一本で文字を打つ私でも成功できた!なんてのは100%嘘だと思ってください。最初はそうだったとしても、成功した今でも人差し指一本でやっているということはあり得ません。みんなバシバシ早打ちできます。

僕も最初はパソコンスキルが皆無の状態でしたから、まずは師匠にタイピングをマスターしろと言われ、毎日指が痛くなるまで、ひたすらタイピングの練習をしました。最初はそれこそ人差し指一本状態でしたが、2週間も必死で練習すればブラインドタッチが可能になります。

ちなみに僕が練習していたタイピングソフトは、こちらになります。
【外部リンク】タイプウェル国語R

他にも、「タイピング フリーソフト」「タイピング 練習」などで検索すれば、無料で練習できるソフトが山のように出てきます。その中から、自分に合ったものを選んで練習すると良いでしょう。

タイピングスキルは地味ですが、稼げるか稼げないかを左右すると言ってもいいほど重要なものになります。400文字打つのに1時間掛かる人と、10分で書き上げる人とでは最終的に生み出す結果にも大きな差が生まれます。

何度も言いますが、初心者は兎にも角にも「タイピング」です。ここができないとネットで収入を得るなんて、夢のまた夢です。文字を打つことがストレスにならないよう、最初のうちに習得しておきましょう。

必須スキル2:コピーライティングスキル

こちらも作業的には「文字を打つ」ということになりますが、その意味は大きく異なります。ネットビジネスの中で命ともいえるコピーライティングスキルです。

コピーライティングとは、ざっくり言えば「文章で物を売るためのスキル」です。ブログでもメルマガでもチラシでも、コピーライティングは使用されていますね。人の感情を揺さぶり、「この商品を売ってください!」と客が頭を下げるほど購買意欲を高めることができます。

コピーを極めることができれば、その辺の道に落ちている小石を100万円で売ることだって可能です。それくらい強力な武器であり、一度習得してしまえば、この世から文字がなくならない限り安定した「稼ぐ力」を手に入れることができるということです。

表面的なテクニックや一過性のノウハウとは違い、コピーライティングは不変の技術です。だからこそ、初心者のうちからコピースキルをある程度習得しておくことによって、その後どんなビジネスをしたとしても、立ち止まることなくサクサクと進めることができるはずです。

あと誤解しないでいただきたいのはいわゆる「文章力」とは全くの別物だということです。文法が正しいかどうかは、大きな問題ではありません。文法が正しければ売り上げが上がる、というわけではないですから。

どんなに文章が上手くても、文法を完璧にマスターしていたとしても、コピーライティングができるということではありません。コピーはあくまでも売るための技術であり、小説家やライターとは異なるスキルということです。

逆を言えば、国語の成績が1だった人でも、売れるコピーライティングはマスターすることができるということです。一度覚えればお金に困ることは無いと言われているコピーライティングスキルを初心者のうちからマスターし、スタートダッシュを決められるようにしておきましょう。

結論:写経をすれば一石二鳥

タイピングを覚えるときは練習ソフトを使ったけど、コピーライティングを覚えるにはどうしたらいいのか?と思っている方もいると思います。

世の中には、コピーライティングに関する書籍がたくさん出ています。それらを購入して、分厚い本を読み漁っても良いのですが、それでは実践的な意味でコピーライティングスキルは上達せずに、理論だけは理解している頭でっかちなライターになりかねません。

本で学ぶよりもセミナーに参加するよりも、実際にコピーを書いてしまった方が、「経験値」として蓄積されていき、売れるコピーが書けるスピードは格段に早くなります。

つまり「写経」です。

写経とは、般若心経を読み上げることではありません。書き写すという意味です。最短でコピーライティングを学ぶためには、”実際に売れている商品のコピーを真似すること”です。これは間違いありません。

インフォ系の商品を販売する予定なら、インフォトップなどの情報商材系ASPのランキングから上位のものを写経。物販なら、単品リピート通販系のもの、コンサルティングやセミナーなら、人を集めることができているものを探して写経するというイメージです。

写経をすることによって、コピーライティングスキルは一気にレベルアップします。理論を学ぶよりも本を読むよりも、写経がダントツです。また、写経をすることによってタイピングをすることにもなるので、タイピングスキルもレベルアップして一石二鳥です。

しかし、ただ写経をすると言っても、何も考えずに書き写しているだけではコピーライティングは上達しません。以下の注意点を守って写経に取り組んでください。

意図を考えながら書き写す


売れているコピーには、一言一句すべてに意味があります。意味もなく書いてある文章など一つもありません。
写経をするときは、書き手の意図を考えながら書き写すことがベストです。

  • なぜ、ここでこんなことを言い出したのか?
  • 読み手にどう思ってもらいたくて書いているのか?
  • ここの表現は、なぜこの言い回しじゃなきゃいけなかったのか?

などなど。これらを意識して写経を進めていると、全てのコピーライティングに、ある一定のルールがあることに気付くと思います。

コピーは、いくつかのブロックに分かれています。「期待」「共感」「信頼」「保障」など、それぞれのブロックに意味があり、その順序も計算されていて、売れているコピーを見るとブロックの流れが同じような順序になっていることが分かります。

理論で学ぶのではなく、写経をして体感でこの流れが理解できるようになったら、その時点でコピーライティングスキルは間違いなく上達しているでしょう。ただ書き写すのではなく、読み手の意図を考えながら写経をしてみてください。

少しアレンジして写経してみる

写経することに慣れてきたら、今度は少しアレンジを加えてみましょう。具体的には“商品を変えてみる”ということです。

例えば、育毛系商品のセールスレターを写経するなら、それを少し置き換えてニキビ肌改善系にしてみる、とか。集客系セミナーのセールスレターを写経するなら、飲食系セミナーに置き換えてみるとか。こんな感じです。

最初は難易度が高いと思いますが、先ほども言ったようにセールスレターのブロックが意識できるようになれば、割と簡単にできるようになるはずです。

この「商品入れ替え写経」が出来るようになったら、その時点でほぼコピーのポイントは抑えていると言っても過言ではありません。将来的に自分の商品を販売するときも、それほど苦労することなく売れるコピーを書くことができるようになるでしょう。

まずは通常の写経に慣れ、ブロックの流れを意識できるようになったら取り組んでみてください。

まとめ

僕が言いたいのは、とくかく打ちまくれ!ということです。初心者の頃にタイピングをマスターし、さらにコピーライティングもある程度書けるようになったら、それだけで稼いでいける力を身に付けることになります。「学ぶ=真似ぶ」と言われているように、売れているものを真似することが一番の成長になります。

まずは、写経を3本やってみてください。これだけでも相当レベルアップします。僕は100本近くのセールスレターを写経しましたが、やはりやればやるほど自分でも上達していくことが分かります。ただブログ記事はいまだに苦手ですけど…

ノウハウよりもテクニックよりも、自分の財産となるスキルを習得しましょう。そしてスキルの中でも、お金に困ることがなくなるコピーライティングを学びましょう、ということです。参考にしてください。

PPCアフィリエイト教材を無料プレゼント!

無料プレゼントバナー_mini
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

Return Top