Borderless

使い勝手抜群!あらゆるシーンでマインドマップを活用するべき4つの理由

使い勝手抜群!あらゆるシーンでマインドマップを活用するべき4つの理由

マインドマップという言葉を聞いたことがある人は多いと思います。

僕も言葉だけは昔から知っていたのですが、よく使うようになったのは最近の話。

使ってみて思うのは、マインドマップは本当に万能だ!ということです。なぜもっと前から活用しなかったのか、昔の自分に教えてあげたいくらいです。

なのでこの記事では、マインドマップの活用シーンやメリットについてお話します。

[スポンサー]年間5億円を稼ぐあの男が遂に登場!

アフィリエイトの新常識「マジョリエイト」を確立させたあの男が、さらなる新手法を持ち込んで業界に再登場!

集団の中で最も多いとされる「その商品が必要だけど、買う気が無い」という層に対してアフィリエイトするという画期的な手法が、さらに究極進化!

マジョリエイト実践者の中には「月商2億円」を稼ぐ猛者も現れたらしいので、必見の情報となっています。期間限定なので、消える前にゲットしておきましょう!

■無料:最新のマジョリエイトノウハウを習得する

そもそもマインドマップとは?

「ていうかマインドマップって何?」という方のために簡単に補足します。マインドマップとは、ウィキペディアによると以下のように解説されています。

マインドマップはトニー・ブザン(Tony Buzan)が提唱した思考・発想法の一つ。頭の中で起こっていることを目に見えるようにした思考ツールのこと。(引用元:Wikipedia)

このように記述されています。大事なのは、「頭の中で起こっていることが見える」という点ですね。ただ考えていることを書き出すのとは似て非なるものです。

またもやウィキペディアからの引用となりますが、このような画像も一緒に掲載されています。

マインドマップの図引用元:Wikipedia

これは手書きのものですが、なんか一種のアートのようにも見えますね。よく見てみると、中心を軸として枝のようなものが伸びていってるのが分かると思います。

まずメインとなるキーワードを中心に置き、そこから派生していくようにキーワードを広げていきます。この方法で自分の思考を視覚化することによって、頭の中が整理されたりアイディアが浮かぶようになったりします。

何やら難しいように聞こえるかもしれませんが、実際にやってみると超簡単です。連想ゲームのように浮かんだキーワードをつなげていくだけなので、誰に何を教わらなくても自然と使いこなせるようになります。

人間の頭というのは、何よりも曖昧な記憶媒体です。メモ帳の方が優秀かもしれません。3分前に思っていたことを忘れてしまったり、キッチンまで歩いてきて「あれ、何しようとしてたんだっけ?」なんて経験もあるかと思います。それくらい曖昧なものなのです。

しかし、マインドマップによって視覚化し、アイディアをどんどん広げていくことによって頭の中がスッキリしていきます。これは本当に快感です。

今では無料で使えるマインドマップソフトも多数ありますので、試しに使ってみてください。

あらゆるシーンで活用できる

マインドマップは、頭の中に溢れている情報を整理するための手段に過ぎません。なので汎用性は非常に高く、あらゆるシーンで活用することができます。

実際にどのような場面でマインドマップが使われているのか、いくつかご紹介します。

情報収集

ビジネスで結果を出すためには、情報収集が命となってきます。事前にどれだけのデータを集めたかによって勝敗が分かれると言っても過言ではありません。

しかし、大変なのは収集した情報をまとめておく方法です。ジャンルも多岐に渡り、それぞれの情報量が多いので、エクセル等を上手に活用しないと整理することは難しいでしょう。

そんな時にマインドマップは大活躍です。調べるべきキーワードを中心に置き、そこから派生していくことによって情報は自動的に整理されていき、あとで情報を見返すときも枝を追っていくことですぐに発見することができます。

僕も情報収集は欠かさず行うようにしていますが、情報のまとめにはマインドマップを使用しています。

ToDo管理

ビジネスマンなら必須であるToDoの管理も、マインドマップで成立します。

世の中にはたくさんのToDo管理ソフトなどがありますが、簡単な管理であればマインドマップで十分です。

例えば、緊急度の高いタスクには印をつけることもできるし、完了したタスクは枝から切り離して、「完了済み」という枝にくっつけることもできます。

プロジェクト管理

複数のプロジェクトに参加している時、どの項目の優先順位が高く、どこを担当しているかなどの管理は意外と大変です。が、それもマインドマップで解決です。

プロジェクト毎にマップを用意してもいいし、全て1つのシートへまとめてしまっても良いです。プロジェクトから派生した各項目を、さらに細かい作業別に枝を伸ばしていき、一目見ただけでやるべきタスクを理解できます。

また、マインドマップソフトによっては他人とマップを共有することもできるので、プロジェクトメンバーとマップを共有しておけば、進捗状況なども簡単に管理することができます。

自分自身の棚卸し

むしろ、これこそが本来のマインドマップが持つ役割と言ってもいいかもしれません。

自分が人生で大切にしていること、そのキーワードから考えられる手段、さらにそこから浮かんできたキーワード…という具合にどんどん枝を伸ばしていくことによって、自分の中で漠然としていた価値観が驚くほどスッキリしていきます。

自分の中に矛盾があればそれを発見することもできるし、自分が情熱を注ぐことができる分野を再発見することもできます。

定期的にマップを更新し、自分の棚卸しを習慣としてやっていけば、大きく道を外れることなく目指す人生を実現できるようになる…かもしれません。

ここに挙げた以外にも、マインドマップが活躍するシーンは山ほどあります。無料で使えるものも多数あるので、今のうちに使い方を覚え、いつでも活用する癖をつけておきましょう。

何がそんなに優れているの?マインドマップを活用すべき4つの理由

ここまでゴリ押ししておいて今更かもしれませんが、マインドマップを活用することによって様々なメリットを受けることができます。

非常に使い勝手の良いマインドマップですが、実際に使用することで得られるメリット4つをご紹介します。

思考回路が目に見える

何度も言っていますが、何よりも「自分の頭の中が見える」ということが一番大きいです。

人の頭の中は千差万別。まるでエクセルのように情報を脳内で管理している人もいれば、画像やイラスト、動画などの視覚的な情報として整理している人もいるはずです。

しかし、それらの情報をマインドマップという統一された形式に吐き出すことによって、より頭の中が明瞭になり、モヤモヤしていた情報を繋ぐことができます。

また、思考回路が見えるというのは自分のことだけではありません。例えば、情報収集した結果をマインドマップにして、それを第三者が見たとします。

エクセルなどでは単なるデータにしかなりませんが、マインドマップにしてあると、その人がどういう順番で物事を考え、どんな情報を重要視しているのか理解することができます。

自分の頭の中を他人に見せることができるし、同時に見ることもできるというわけですね。

曖昧だった部分が明確になる

これも何度も言っていますね。脳は何よりも曖昧な記憶媒体です。「.txt」とは「.xls」なんて拡張子はついてません。人それぞれのボヤーっとしたイメージを留めているに過ぎないのです。だからこそ、視覚化して吐き出すことが重要なんですね。

マインドマップで連想ゲームのようにキーワードを出していくことによって、そのボヤーっとしていたものの輪郭が見えてきます。自分の頭の中から出てきた情報なのに、「あ、こういうことだったんだ」と妙に納得してしまうこともよくあります。

あまり自分の脳を過信せず、モヤモヤすることは全てマインドマップに叩き付けてみましょう。

本質を理解できるようになる

僕は、自分のクライアントには「覚えたノウハウを、マインドマップで視覚化してみてください」と良く言います。

これはクライアントの脳内を僕が知ることができるという理由もありますが、1番の目的は「全体像を知り、本質を理解するため」です。

ただ文章で読むのではなく、マインドマップで自分なりに枝を繋げていくことによって、この作業が何に繋がっていて、その目的は何なのか?を理解することができます。

もし今、何かの本や教材でノウハウを学んでいる方は、試しに学んだ内容をマインドマップに吐き出してみてください。自分がどれだけ本質的に理解できているのか知る良い機会になるはずです。

自分の成長に合わせてマップも成長していく

マインドマップの特徴は、キーワードを枝から切り離したり、他の枝にくっつけたり、他のマップと統合したりできる点です。

例えば、マインドマップを日常的に使用していると、「あの時はこう思ってたけど、このキーワードはこの枝じゃないな」と感じたりすることがあります。それは、時間が経ち自分自身が成長したことによって、以前の自分の思考回路とは異なってきているという証拠です。

その場合はマップを修正します。数か月後にまた見直して修正、とすることによって、マップもあなたに合わせて成長していきます。

僕もこの記事を書く前に数ヶ月前の自分のマップを見直してみましたが、何というか恥ずかしかったです(笑)たった数ヶ月でここまで考え方が変わるんだなーと感心してしまいました。

まとめ

マインドマップはあくまでも手段であり、活用方法は無限に存在します。ただの活字やデータとは違う、「頭の中を見れる」という点は非常に価値がありますね。

まだマインドマップを使用したことがないという人は、この機会に一度試してみてくださいね。

PPCアフィリエイト教材を無料プレゼント!

無料プレゼントバナー_mini
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

Return Top