Borderless

そりゃ売れなくて当然です。

そりゃ売れなくて当然です。

ども、麻野です。

 

 

最近になって、

 

「初報酬が発生しました!」

 

というご連絡を多数いただきました。

 

 

きっと皆、連休中に必死に頑張ったんでしょうねー。

心の底からおめでとうと言いたいです。

 

 

また、結構PPCに関するご質問もいただきますが、

 

「みんな意外と勘違いしてるなー」

 

と思えることがあったので、

ちょっとシェアしたいと思います。

 

 

いつもより、ちょっと実践的な話です。

 

 

私が提唱している「PPC Formula」のやり方では、

 

・極力赤字になるリスクを抑え、確実に利益を取っていく

 

ということをコンセプトにしています。

 

 

なので、広告を出稿する際のキーワードは、

 

「商品名」

 

を軸に考えていきます。

 

 

商品名で検索をしてくる人は、

少なくともその商品のことは知っているし、

興味も持っているということですからね。

 

 

しかし…

ここを勘違いされている方が多いようです。

 

 

最近質問にあったのが、

「アジアン家具を取りそろえたショップ」のアフィリエイト。

 

 

仮にショップ名を「A」としておきましょう。

 

 

その方からは、

 

「インプレッションはある。クリックも多い。

 なのに成約に結び付きません」

 

という相談でした。

 

 

なので、入札したキーワードを見せてください、と言うと…

 

 

アジアン家具 通販

アジアン家具 販売

アジアン家具 ショップ

アジアン家具 購入

アジアン家具 激安

 

 

などなど…

 

「アジアン家具」を軸としたキーワード構成になっていました。

 

 

そりゃ検索数は多いけど、

成約には結びつかないですよね…。

 

 

「アジアン家具」と検索する人は、

高い確率で「アジアン家具が欲しい人」でしょう。

 

 

しかし、その人たちが、わざわざ

ショップ「A」で買わなくてもいいわけですよね?

 

アジアン家具ショップなんて、腐るほどありますから。

 

 

つまり、「アジアン家具」で検索する人たちは、

 

・まだ選択の余地がある人たち

 

なわけです。

 

 

私なら、当然ながら「A」というショップ名を軸にします。

 

 

A 通販

A 激安

A アジアン

A 家具

 

 

という感じですかね。

 

 

この「A」というショップ名で検索する人たとは、

「アジアン家具」と検索する人たちよりも、

 

・何十倍も濃い人たち

 

なわけです。

 

 

「アジアン家具を、Aで購入したい!」

 

 

と思ってる人達なわけですからね。

 

 

つまり、この人たちには、

 

・すでに選択の余地がない

 

ってことです。

 

 

我々は広告費が掛かる以上は、

こういう濃い人たちを選ばなければなりません。

 

 

結果としてクリック数などは激減しますが、

それはムダなアクセスを省いているからです。

 

しかし、アクセスが来たときには、

それは非常の濃いものとなり、成約に

結びつく可能性が非常に高いのです。

 

 

「買う気マンマンの人を呼んでくる」

 

 

この本質を見失わないようにしてください。

 

 

長くなりましたが、今日はこの辺で。

 

PPCアフィリエイト教材を無料プレゼント!

無料プレゼントバナー_mini
URL :
TRACKBACK URL :

Leave a reply

*
*
* (公開されません)

Return Top